高品質な革ジャンを買うならココ!レザージャケットから革鞄、革財布まで1000アイテム以上の品揃え!
1978年創業の実績。革のホームドクターが購入後のアドバイスとサポートを行っています。実店舗も運営する革専門店が、ワンクラス上のセンスとワイルドさ、大人っぽさを提供します。
日本で唯一革のホームドクターのいるサイトで、革のプロがセレクトした最良の革製品を多数販売しています。革専門店レザーハウス 創業41年と30日

レザーハウス TOP > レザージャケット

レザージャケット(メンズ)

レザージャケットは街着としてさっと羽織っていくアウターとしてもおすすめのジャケット。

海外から来日されるハリウッドスターは、必ずと言っていいほどレザージャケットを片手に持たれています。
というのも、ご旅行などで気温差のわからない土地へお出かけする際にサッと羽織るだけで済むので重宝されるから。
硬い革が苦手な方、初めて革のジャケットを着る方にオススメです。

初めてのジャケット選びで迷われている方は、1着目ならシンプルなものを。
2枚目以降なら冒険して個性の見られるデザインのものもをチョイスされて良いかもしれませんね。
気に入ってたくさん着たくなるようなものをお選びいただきたいです。

サイズやお手入れなどで、ご不安な点があれば気軽にお問い合わせください。

レザージャケットの種類 (スタンド襟レザージャケット、襟付きレザージャケット、テーラードレザージャケット)

スタンド襟レザージャケット
襟付きレザージャケット
テーラードレザージャケット
 

62 件中 61-62 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2

ピークドラペルピンチバックレザージャケット(山羊革)

ピークドラペルピンチバックレザージャケット(山羊革)

113,400円(税込)

完売

商品番号 38-leather-jacket24 襟付きジャケット

拡大
ピークドラペルピンチバックレザージャケット(山羊革)
スタンダードブレザーレザージャケット(牛革)2ボタン

スタンダードブレザーレザージャケット(牛革)2ボタン

81,000円(税込)

完売

商品番号 38-leather-jacket95 テーラードジャケット

拡大
スタンダードブレザーレザージャケット(牛革)2ボタン スタンダードブレザーレザージャケット(牛革)2ボタン

62 件中 61-62 件表示  先頭のページへ前のページへ 1 2

革ジャンとレザージャケットの違い


英語の言い回しは同じですが、当店ではライダース寄りのタイプを「革ジャン」、薄手でタウン使いしやすいタイプを「レザージャケット」としており、スーツなどのジャケットの形をしたタイプもレザージャケットに分類しています。

レザージャケットを着る季節はいつ?


レザージャケットは、一般的には暖かくなる春から初夏まで。また、夏の終わりから秋にかけての季節に着るという人が多くみられます。

確かにレザーは風は通しませんが、ダウンのように体温で発熱しないので、ジャケット自体が温かいというわけではないため、蒸し暑い真夏や、気温がぐっと下がる真冬のご着用には向かず、活躍できる時期は短くなってしまいます。

しかし、冬の寒い時期でも他の暖かいアイテムと組み合わせて、着られる方もいらっしゃいます。


インナーに薄手で保温性の高いシャツを着用し、ウールやカシミアのマフラーやネックウォーマーなどを首に巻くと、意外と温かく着られます。

また、薄手のハイネックセーターなどを着るなどすれば冬の時期も十分に活躍します。

さらに、マフラーやニットなどの冬の定番あったかアイテムを使うことで、周りの人からも寒そうに見られないので、冬の街並みにも溶けこめます。

真夏を除いて、季節を問わずレザージャケットをオシャレに着こなしたいという方なら、


また春先や秋口は、昼間は気温が上がって温かくても、朝晩になると急に冷えてくる日もあります。

レザージャケットを持ってでかけると、寒くなってきたらさっと羽織ることができて便利です。

スマートなレザージャケットの着こなしあれこれ―


レザージャケットは、男らしくスタイリッシュなアイテム。だからこそスマートに着こなして欲しいもの。
基本的なコーディネートとしては、シャツやTシャツなどの上から羽織るシンプルなかたちをお勧めします。

Tシャツやカットソーの場合、Vネックのものをあわせることで、カジュアルながらもスマートな印象を演出できます。

シャツを前閉じで合わせればよりスタイリッシュに、さらにカーディガンも加える事で、上品でトラッドな着合わせができます。

また、その逆にラフな印象を演出したい場合ならシャツを前開きにしたり、ロックなプリントTシャツとのコーディネートもいいでしょう。

パーカーとあわせてジャケットを羽織るとスマートさは残しつつも、カジュアルな雰囲気を演出できます。

ボトムスはどう合わせる?

カジュアルなボトムスの定番と言えばデニムですが、インディゴなどのブルー系、ネイビー系のデニムと合わせるのがオーソドックスなコーディネート。

グレーやホワイトなど、明るめのパンツをチョイスすることで上品めな雰囲気のコーディネートとなります。

また、レザージャケットの雰囲気を出すために、足元もローファーやチャッカブーツなどスマートカジュアルなのものを合わせてみましょう。

上へ