レザーハウス TOP > レザーバウス革ギフト > 2017年開運!春財布・バイカーウォレットで金運アップ

2017年開運!春財布・バイカーウォレットで金運アップ

新しい財布を購入するには、運気がいい買い替え時というものがあるのを知っていますか?春夏秋冬で一番良いとされる季節は春。春は「財布がお金でパンパンに張る(春)」という意味があり非常に縁起がいいとされています。
ぜひ、この新春にお財布を買い換えてみてはいかがでしょうか?
特に、金運アップの効果があると言われている蛇革と、夢を叶えると言われている象革の財布をご紹介します。

金運アップの効果がある蛇革

幸運アップの効果がある象革

ヘビ革のアイテムについて

なぜ、蛇革が金運があがると言われているの?

蛇

ヘビは昔から崇められており、世界中にヘビに関する言い伝えが残っています。日本では弁財天の使いとされ、 田畑を荒らすねずみを食べてくれることから豊穣の神、雨の恵みをもたらすことから天候の神として有名です。
また、脱皮を繰り返すことや長い寿命から死と再生のシンボルとしても有名ですね。

金運を上げるにもヘビは期待できます。ヘビの彫像や財布などを持つと、財産が増えると言われています。ヘビ革を使っているバッグや靴など、爬虫類の皮でできたものもファッションとして流行っているので、自然に使うことができますよね。

小銭入れとしても使えるパスケース(錦蛇革)

小銭入れとしても使えるパスケース
(錦蛇革)

9,720円(税込)

商品番号 42-pass-case10

スタンダードなパイソン革の小銭入れ(錦蛇革)

スタンダードなパイソン革の小銭入れ
(錦蛇革)

12,960円(税込)

商品番号 42-saihu109

メディスンバッグ(牛革)錦蛇スタッズ

メディスンバッグ
(牛革)
錦蛇スタッズ

7,452円(税込)

商品番号 42-medicine-bag49

象革のアイテムについて

なぜ、象革が開運・幸運と言われているの?

象

インドでは象は神と奉られ、ベストセラー小説「夢をかなえるゾウ」でも象の姿をしたヒンドゥー教の神、ガネーシャが知られています。
また、西洋では幸せの証などと言われ、古来よりヨーロッパの王侯貴族の気高さの象徴ともされ、持つものを幸福へと導くと言われています。

象革はすごく希少なんです。
エレファント・レザーは、1989年にワシントン条約により、捕獲禁止となっています。
ワシントン条約とは、絶滅のおそれのある動物の国債取引に関する条約のことです。この条約が締結されて以降、輸出入が全面的に禁止されました。それ以降、市場からは遠ざかることとなりました。この出来事により、「ワシントン条約」という名前が人々に知られることとなったのです。

現在では、ごく一部において捕獲が許可されています。フリカ・ジンバブエの自然公園内で、生体保護のため、限定捕獲した象革のみ、販売が許可されています。厳しい規制であり、流通させることが可能になった今でも、レアなレザーであることには変わりありません。

手のひらサイズの象革コインケース(象革)

手のひらサイズの象革コインケース
(象革)

10,800円(税込)

商品番号 42-saihu120

名刺入れ、カードケース(幸せをよぶ象革)

名刺入れ、カードケース(幸せをよぶ象革)

13,824円(税込)

商品番号 26-card-case23

象革腕時計(ぞうがわ)インディアンコイン

象革腕時計(ぞうがわ)インディアンコイン

15,228円(税込)

商品番号 26-wrist-watch28

革財布一覧へ

ライダースウォレット一覧へ

上へ